Medicare day

重度医療・介護対応型デイサービス メディケアデイナゴミ

皆様に未来の可能性をもうひとつ
メディケアデイナゴミは、nagomiの理念に基づいて一般的なデイサービスの課題を改善し、ナゴミガーデンにご入所されている方々と地域の皆様にご利用いただける施設として2022年4月に設立されました。

ホールへの介護ベッドの設置や入浴設備の充実、重い認知症や末期がんといった重度医療・介護を必要とされる方にも対応していますので今までいろいろな理由でデイサービスをご利用になっていない皆様もどうぞお気軽にご活用ください。

メディケアデイナゴミ設立への思い

現在nagomiのデイサービスのご利用者様は自宅から通っていただいております。
多くの方はこれで問題なくサービスを受けられていますが、寝たきりの方や重い認知症の方は、当社のデイサービスでは対応しきれていないという課題を常々感じておりました。

この課題に対し、重度の医療・介護に特化した「高齢者介護ホーム ナゴミガーデン」で蓄積した技術・知識・経験を活かせば解決できるのではないかと考えを進め、当社一丸となって完成したのがメディケアデイナゴミです。

メディケアデイナゴミでは、設備の拡充や職員の配置などの問題から利用が難しい寝たきりの方や重い認知症の方にデイサービスをご利用いただくことを可能にし、施設全体に細かい気配りができるスタッフ体制作りを行いました。

nagomiはこれからも今まで行き場所のなかった皆様に向けて、より繊細なデイサービスのご提供をお約束いたします。

メディケアデイナゴミの特徴

メディケアデイナゴミには3つの特徴があります。

1. 重度者への対応に特化
メディケアデイナゴミは重度者の利用をメインとして設立されました。
こうした経緯から、痰吸引、経管栄養(胃ろうや鼻注等)、点滴など、一般的なデイサービスでは対応が難しい処置に加えて、重い認知症など認知・精神的な重度者にもスムーズに対応できます。
設備と十分なスキルを持った職員がそろっているメディケアデイナゴミは、皆様に安心してご活用いただけるデイサービスです。

2. ナゴミガーデンとの連携
nagomiが運営する、重度の医療・介護特化型施設 高齢者介護ホームナゴミガーデンに入所されている方にとっては、メディケアデイナゴミと24時間体制で連携が取れることもメリットになります。
職員も顔なじみで、メディケアデイナゴミ、ナゴミガーデンどちらのご利用者様にも親しみやすく、心穏やかにお過ごしいただけます。

3. 地域に開かれた施設
メディケアデイナゴミは、ナゴミガーデンに入所されている方に加えて地域の皆様にもご利用いただける施設です。
通常のデイサービスに通いづらい方でも職員が最善を尽くしてサポートいたしますので、お気軽にご活用ください。

メディケアデイナゴミのデイサービス

メディケアデイナゴミでは次のデイサービスをご利用いただけます。

〇 医療機関との連携。
〇 認知症や意思疎通が難しいご利用者様への専門療法。
〇 看護師による健康チェックや医療処置
〇 寝たきりの方でも、寂しい雰囲気の個室ではなく皆様と触れ合える明るい空間でお過ごしいただけます。
〇 入浴(寝たきりでもご入浴いただける機械浴を設置しています)。
〇 昼食(嚥下機能が低下している方でも飲み込みやすいお食事をご用意いたします。口からお食事が取れない方の胃ろうなどの経管栄養や点滴にも対応いたします)。
〇 排せつ介助(膀胱留置カテーテルやストーマ等の対応可能です)。
〇 いろいろな余暇活動(生け花や囲碁といった趣味の活動とレクリエーションなど)。


メディケアデイナゴミの様子